兵庫県の工務店ケーアイリビングの社長ブログ
兵庫県の工務店(輸入住宅・注文住宅・リフォームなど)ケーアイリビングの社長ブログです。

価格について


   内覧会を開催すると、既に家を建築された
   方がご来場下さり、ケーアイリビングにも
   声をかけようと思ったけれど、予算があま
   りないからやめました。との声をよく聞きます。
 ご予算を伺うと”充分ご予算あるじゃないですか!なんで声かけてくれなかったの?!”
  と、とても残念なことがあります。
 もしかして、うちの家はとても高いと思われているのかな?と最近よく思います。

   私たちはハウスメーカーではなく工務店です。
   ”この家はこの仕様で結果○○万円です。”
   なんて販売方法ではありません。
   お客様のご予算に合わせて家を計画するし、建材市等で特価の商品で、
    うちで使えそうなものを仕入れたりと、日々努力しているのです。

出来上がった家は私たちにとっても大切な作品です。20070130150708.jpg
我が家の”キッチン前のカウンターのこの木目が好き”とか
”この扉の取っ手をこだわった”とか・・・
大きなこだわりから小さなこだわりまでとことん追求しています。
もともとハウスメーカーや不動産屋さんの下請けをしていましたので
コストを下げる技術も身につけていますので皆様お気軽に声を掛けて下さいね。


スポンサーサイト

床に穴があいた!!


 京都の木津町で建築したお客様より電話をいただきました。
 とても暗い声だったので、”どうしました?”と聞いたところ、
  ”床に穴があいた!”との事。よくよく聞くとピアノを業者に搬入して
  もらった際、業者がピアノを落としてしまったのでした。
  丁度2年点検の時期だったので点検を兼ねて訪問しました。
傷修理する方法は2つ。
床を貼り替えるか、補修するか。
私個人としては家を傷つけない為にも補修がよいと思うが、現在検討中です。
その他点検項目としては、一部輸入サッシの開閉が硬いので、後日メンテナンスするのと、床鳴りを直したくらいです。




久しぶりに施工した家を見ると本当に良い出来栄えでした。
お客様もきれいに、そしてオシャレに住んで下さっていたので感激でした。
このお宅は現場が遠いこともあり、私もフレーミングに参加し、朝5:00には事務所に出社、事務仕事をしてから8:00には現場に出て帰社は夜の8:00
以降となり、それからまた事務仕事をして大変だったので、オシャレに住ん
で下さってるととてもうれしいのです。