兵庫県の工務店ケーアイリビングの社長ブログ
兵庫県の工務店(輸入住宅・注文住宅・リフォームなど)ケーアイリビングの社長ブログです。

こだわり

前回のブログにて当社の家は南欧風かカントリーハウスか?とと悩んだけれど、よくよく考えると”どっちでもいい”が結論でした。
そもそも私自身どんな家にしたいか、と言うのは基本性能(気密性や耐震性等)は別としてデザイン的にはあまりこだわりがないのです。
ですので、南欧風に限らず、アメリカンスタイルやモダンスタイル、和風の家etc.・・巾広くやってみたいというのが本音なのです。
私自身が一番こだわっているのは、お客様がこだわっている事について、私もこだわる!ということ。
そこからイメージを発展させて、お客様がこだわっている以上に私もこだわるということ。
住宅メーカーでは”できません””高くなりますよ”とかいろいろ言われて、こだわりたいけどこだわれない方、是非ご相談下さい。
ところで、今のメタボリックなお腹を元に戻すべくダイエットを始めました。現在72kgです。次回またご報告します。目標64kg
ダイエットにもこだわれ!!
運動会の場所取りのためにも・・・今のままだと足がもつれるので
(^-^;)
スポンサーサイト

雑誌掲載されました・・

DSCF0829.jpg

DSCF0827.jpg「私のカントリーNo.62 07年秋冬号」に当社施工のお家が紹介されました。
残念ながら当社の紹介はされていません。

DSCF0824.jpg
  「私のカントリー別冊 インテリア実例ベスト50」
  にも再度当社施工のお家が紹介されました。
  残念ながらこちらも当社の紹介はされていません。

DSCF0822.jpg
先日スタッフの上里田とどうすればうちのホームページを皆様に
見ていただけるか考えました。が、二人共パソコンは全く使えない
のでミーティングは沈黙のまま3分で終了。
誰か良い方法があれば教えてください。

        ところで 当社の家はカントリー住宅か、南欧住宅か、こちらも誰か教えて・・・



床鳴り

42305.jpg家の床下に使用する部材で 鋼製束 なるものがある。
基礎が無い所に土台(大引)を支持する為の部材である。
一昔前までは、土台と同じ木で施工していたのだが、今はほとんどの住宅で鋼製束が使用されている。
この鋼製束 施工は楽だが、床鳴りが多い。
けれど、鋼製束を一部締め直すだけですぐに床鳴りが直るのでとても便利な一品・・・なのだが・・・床下にもぐる作業はなかなか大変なのである。と 言うより大変になってきた。
私はもともと体重の増減が激しい方で、常に現場に出ていた頃はスリムだったのだが、最近はどうもメタボリックになってきた・・・
DSCF07251.jpg     先日等は床鳴りを直すために、キッチン前の収納庫を開けると
     ナント基礎の人通口の真ん中に食器洗い乾燥機の水道管が
     立ち上がっているではないか・・!
     この時はおなかが少々つかえた程度でよかったが、別の物件では
     人通口の正面に床暖房用の配線がくもの巣のように張り巡らされて  
いるではないか!!案の定絡まって身動きできない状態に・・なんとか脱出できたけど小山先生に一言言いたい。
床下はスムーズに這っていける様設計してくれ!
DSCF07311.jpg
と 言う訳でダイエットを始めようと思う今日この頃でした。
”現場に出てちょっとは手伝えよ、すぐ痩せるで”と大工たちからの声が聞こえてきそうです