兵庫県の工務店ケーアイリビングの社長ブログ
兵庫県の工務店(輸入住宅・注文住宅・リフォームなど)ケーアイリビングの社長ブログです。

床下

こんにちは 池田です。
先日、現在進行中の大型リフォームの現場にて
床下に敷く炭を施工しました。

DSC03168.jpg

床下を這いまわって炭の入った袋を置いていく作業なのです。
1人が床下にもぐり炭の袋を置いていき、もう1人が炭の袋を渡していきます。
というわけでもう1人の相方を探すことになりました。

池田   ‘上里田君 床下に炭をまきに行こう!!’
上里田  ‘忙しくてそんな暇ありませんな’
池田   ‘・・・・・’

池田   ‘鉢田君 一緒に炭をまきに行こう!!’
鉢田   ‘今の現場が忙しくて今は余裕がありません’
池田   ‘・・・・・’

池田   ‘では、新人の山本君 いっしょに行こう!!’
山本   ‘いいですよ’
上里田  ‘ちょっと待って下さい。山本君にはその汚れ仕事はまだ早いですよ。’
      ‘きっと泣いちゃいますよ。もっと慣れてからの方が良いですな’
池田   ‘・・・・・俺が泣きたい’

との事で結局1人で頑張ることに・・・・
頑張った甲斐があり炭の施工はなんとか無事終了。

DSC03171.jpg

DSC03172.jpg

施工後の私の顔も自撮りで写真を撮りましたが
まっくろであまりに見苦しいので皆さまにお見せできません。
でも、床下の環境は良くなったはずです。


      






スポンサーサイト

仕事とは

こんにちは。早いものでもう12月ですね。
今年は前半はダメでしたが、後半はその反動が来たのか目の回る忙しさとなっています。
日々、一所懸命仕事をしていますが、中年の中の中年という年頃になって仕事をこなすのが
とても遅くなりました。若いころは2つ3つ同時にこなせたことが今では1つでもアップアップです。
現在○○才ですが、老眼も猛スピードで進行中です。
その昔、設計の小山先生が‘目が見えなくなってきた’と嘆いていたのが今ではよくわかります。
さて、少し前に読んだ本の中にこんなことが書いてありました。
‘仕事とは捌くことではなく取り組むことだ’ 
当り前ののことながら目を洗われた思いでした。
日々の忙しさや、慣れの中でいつのまにか仕事を捌いていなかったか。と反省しきりでした。
それ以来‘仕事とは捌くことではなく取り組むことだ’を座右の銘にしています。